新着情報

建物を建てることができない土地

日本全国どの土地でも建物を建てることができるわけではありません。都市計画法や建築基準法により建物を建てることができる土地が定められていて、それ以外の土地には建物を建てることはできません。特に気をつけなければならないのが市街化調整区域と狭隘道路です。都市計画区域には市街地の無秩序な拡大を防ぐために市街化調整区域が設けられる場合があります。市街化調整区域内では、以前から住んでいる農業従事者等の住居及び施設や公共的に必要と認められる建物以外は建築できません。都市の周辺地域にはそのような土地が多いので注意が必要です。

斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点

一戸建てを建築するときに把握しておきたいのが斜線制限です。斜線制限とは、隣接する土地の建物などに日照条件を悪化させないようにするための配慮です。住宅専用の地域と商業地域では斜線制限が異なります。まず覚えておきたいのは、斜線制限をクリアした建物でなければ施工できないと言う点です。デザインが一般的でも、地域の斜線制限に触れてしまうと建築の許可が下りません。基本的に工務店やハウスメーカーは斜線制限を理解していますが、施主が主導権を握ってデザイナーに設計を依頼する場合は、斜線制限対策が後手にまわる可能性も出てきます。斜線制限と言っても、まずは土地の敷地面積の範囲内の建物であり、建ぺい率の条件を満たして設計される一戸建てですから、よほどのことがない限りは神経質にならなくても大丈夫です。注意したいのは、旗竿地や狭小地など、土地の形状や面積に問題がある場合です。敷地面積を有効活用して、最大限の建物を建築したいときには必ず斜線制限を意識しましょう。斜線制限を理解しておくと、住宅地の土地を下見したときに、どれくらいの規模の建物を建築することができるのかを予測しやすくなります。隣接する土地の建物との関係は重要です。斜線制限は、お互いに快適に暮らせるための規制と言っても良いでしょう。

新居浜の土地といえば 3114

建物を建てる土地に求められる条件

日本の法律では、建物の敷地は必ず幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければならない、と定められています。つまり一戸建ては、敷地のどこかが道路に接している必要があり、その道路は幅4メートル以上でなければならず、且つ間口を2メートル以上確保しなければならない、ということです。売られている土地がすべてこの条件を満たしているとは限りません。一戸建てが建ち並ぶ住宅街であっても、この条件を満たしていない土地もあります。道路に面した間口が2メートルにも満たないような土地を買って家を建てようと考える人はいないと思いますので、この点は問題ないでしょう。しかし幅4メートル以上の道路に接している、という条件は、知らずに土地を購入すると、満たさないこともあります。幅4メートルに満たない道路に接して建っている一戸建てもある、と思う人もいるでしょう。確かにそういう建物もあります。しかしその場合には道路の中央から2メートル下がって建物を建てなければならない、という決まりになっています。つまり無理矢理幅員4メートルを確保するわけです。このように下がって建てることをセットバックといいます。セットバックを余儀なくされる物件は、その分敷地が狭くなりますので注意が必要です。

Copyright ©All rights reserved.斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点.