土地を選ぶ際に計算を意識したいポイント

自分が希望している一戸建ての条件が実現できるのか、土地を探すときは常に意識しましょう。不動産会社の土地物件を調べていると、敷地面積や、地目と用途にばかり注意が向いてしまい、実際に建築が可能な一戸建てを想定しにくいことも多いです。土地には必ず建ぺい率がありますので、建ぺい率を守って一戸建てを設計して建築します。土地の面積だけから勝手に一戸建てを予想しないことも大切な心がけです。不動産物件を下見するときは、必ず建ぺい率を確認し、容積率を計算して建築可能な延床面積を把握するようにしましょう。広い土地だからといって、必ずしも広い一戸建てを建築できるとは限りません。隣接する土地の状態によっては斜線制限もあります。自分が希望している一戸建ては、どれくらいの広さの床面積で設計して欲しいのかを最初に明確にしておきましょう。細かい計算は煩雑だとしても、不動産会社や工務店は計算してくれます。自分の独断だけで下見をするのではなく、担当者と話し合いながら下見をするとトラブル予防に繋がります。土地を選ぶときは、広さを把握するだけでなく、建築が可能な建物の高さと延床面積を具体的に計算しながら比較検討すると良いでしょう。

Copyright ©All rights reserved.斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点.