住宅に対する土地について

一戸建ての住宅を入手するのは、その建物が存在するための敷地としての土地が必要になります。しかし、敷地は必ずしも自分で所有している必要はありません。敷地については賃貸することにして、その上の建物について自分で所有するという方法もあります。これでも、建物の使用に付随する形で、敷地を自由に使用することができるので、その点では自分の土地と変わりはありません。土地の賃借権についても強く保護されるので、実質的には、そこで暮らしていく限り継続できます。

Copyright ©All rights reserved.斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点.