駐車場の土地に一戸建てを新築するなら

住宅地の中で駐車場として利用されていた土地を購入して、一戸建てを新築するときは地盤調査を行なってもらいましょう。可能であれば不動産会社に手配してもらうのが理想的です。不動産会社が対応してくれない場合は、工務店に相談するのも良い方法です。一戸建てを注文住宅で新築するのであれば、工務店が懇意にしている業者に土地の地盤調査を依頼すると良いでしょう。地盤調査が必要な理由は、駐車場の排水性です。駐車場として利用されている土地が、砂利や土の表面であれば排水性を把握しやすいですが、舗装されてしまっていると地質が分かりにくくなっています。一戸建ての建築には不向きな土地だからこそ駐車場として賃貸経営されている可能性もあります。田んぼとして利用されていた土地が舗装されて駐車場になっていると、舗装面に亀裂が入りやすいのも特徴ですから、駐車場を下見したときに舗装面に亀裂や穴がないかを確認しましょう。排水性が良ければ湿気対策は問題ありませんが、排水性が良好でも地盤が弱ければ強化の必要があります。駐車場として利用されていた土地に一戸建てを新築するときは、できるだけ丁寧に地盤調査を行い、調査報告書もしくは診断書を発行してもらっておきましょう。将来のメンテナンスや建て替えの時に役立つ書類になります。

Copyright ©All rights reserved.斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点.