土地の高さ制限を把握する

住宅地に一戸建てを新築するために土地を購入するときは、地域の高さ制限を把握しましょう。高さ制限とは建物の高さに制限があることを意味しています。高さ制限の範囲内でしか、建物を建築できません。三階建ての一戸建てが建築されている地域だからといって、安易に三階建ての一戸建てを構想してしまうと、高さ制限で実現できなくなることもあります。各階の天井の高さや、一戸建てのコンクリート基礎の深さなども影響するため、同じような条件の三階建て住宅でも建物としての高さは異なって完成するからです。土地の高さ制限を把握しておけば、二階建ての一戸建ての天井を高くしたり、吹き抜け空間を快適に設計してもらったり、コンクリート基礎を深めに施工してもらうことも可能になりますし、さまざまなアイデアを具体的に検討できるようになります。土地の高さ制限は、地域性と言っても良いでしょう。地域に密着して営業している工務店や施工業者であれば、地域ごとの高さ制限を熟知していることが多いです。注文住宅で一戸建てを新築し、地階やロフトを設計してもらうときは、建物としての高さが高くなる傾向がありますので、必ず話し合いの時に高さ制限の条件をクリアしているのか確認すると良いでしょう。うっかりミスを予防することは、設計や施工のコスト削減にも繋がります。

Copyright ©All rights reserved.斜線制限を理解してから土地を選ぶ利点.